スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱり日本酒が好き 

さてさて、今年も日本酒の季節がやってきた。
夏は日本酒を飲む機会がめっきり減り、秋から冬へと季節が変わる頃からまた日本酒が恋しくなってくる。

こちら↓だいぶ前に手に入れたブツ。


豊盃の大吟醸
もう飲み終わって空ビンですが・・・(*´σ з`)
飲みやすくて好きな銘柄です。
口に含んだときのほのかな甘味と鼻に抜けていく香り、そしてさっぱりした後味。
開けて数日後の方がもっと美味しくなってた~


そして今年もやっぱり九平次の別誂えをGET。
少々寝かせてみるかなぁ。。

冬を迎えて思ったこと。それは

やっぱり日本酒が好き

ってこと。(笑)
スポンサーサイト
[ 2008/11/24 23:15 ] Sake | TB(0) | CM(0)

自分ブランドの純米吟醸酒づくり【瓶詰め体験】 

今回福島に行ったのは、去年の春に田植え体験に参加したお酒作りコースの最終回【瓶詰め体験】に参加するためだったのです。
せっかく申し込んだ日本酒作りだったのに、参加できたのは2回だけという結果に。(´つω・`)

中でも2月に行われた【仕込み体験】がいっちばんのメインイベントだったのにな。

そんなわけで、会津若松の「名倉山酒造」さんで私たちのお酒の瓶詰めをしてきました。
中に入ると酒米というか、日本酒の良い匂いがしました♪
お酒の仕込みは2月がメインで、出荷分の仕込み~瓶詰はもう全て終了したそで、今は着々とお片付けや掃除をしてるんだそうです。
事務の女性に、2月が一番楽しいんですよ~と笑顔で言われ、参加できなかったことが悔やまれてならない。。。

瓶詰めの前に社長さんが酒造内をいろいろ案内してくれました。
みなさんは前回の仕込みも参加されているので前回との違いや、さらに詳しい話を聞けて楽しそう。
なんか凹むわ。(´д`、)



瓶詰めはお酒を注ぐ機械に瓶をさし、お酒が入った瓶をぬくという単純作業。
たくさん並んだ瓶や工場っぽさにちょいとテンション上がる
あとで写真を見たら、瓶詰めしながら私笑ってました。半笑い。

そして瓶詰めの後に入らせてくれたこの部屋が皆いっちばんテンション上がりまくりでした。
日本酒の入った大きな大きな樽(?)を開け、いろいろ試飲させてもらっちゃいました♪



中でも↓コレがやばかった。(゚д゚)マジデ!



まずは上方の澄んだ部分を飲んでみると、辛めで喉が熱くなる感じ。
次は下のほうからかき混ぜてみると、モワモワとにごりが出現。
これを飲んでみてビックリ!!
とっても甘くて、めちゃくちゃ美味しいではありませぬかーーー

旨い旨いと何度もすくって飲んじゃいました。
後で写真で確認すると・・・わたくし白目剥いて飲んでましたから。(;^ω^)



そして持ち帰ったのが、こちら。
手作りのラベルを貼った6本の生酒です。

酒造で瓶に詰める前に試飲したときは、アルコールっぽさが喉にくる感じがあったんですが、家に帰ってから瓶を開けて飲んでみたら、甘さが出ていて非常に美味しかったです。

また機会があったらお酒造りしてみたいなぁ。
今度は仕込みをネ!
[ 2008/03/22 20:12 ] Sake | TB(0) | CM(2)

念願のお酒をGET!【飛露喜】 

喜多方を出発してお次は会津坂下へ行きました。
わざわざ坂下(ばんげ)まで行ったのは↓ココがお目当て。ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ



うふふふふ。
最近注目度UP!UP!のお酒、『飛露喜』を造っている廣木酒造さんです!
この趣きのある建物がたまりませんなぁ。

しかし
この写真の入り口のとこに白い紙が貼られているのわかります?
そう、「飛露喜は品切れ中です」と・・・ヽ(。´口`)ノウワァァァァン
でも何かヒントを求め中に入ってみました。


中に入るとひんやり。
奥では何やら複数の仕事人が忙しそうにしてました。
酒造の方に聞いたところ、やはり飛露喜は酒販店への出荷分だけで、小売分はないとのこと。

ですが、とっても優しいその方が飛露喜を卸している会津近辺の酒屋リストをくださいました。

そのリスト全てのお店に電話し、会津若松にある↓こちらのお店へ行ってみました~。



会津の工芸品などもあって、お酒は地下の酒蔵に置かれています。
お酒の種類がたっくさん。店主さんは本当に日本酒が好きな方なんでしょうね。


ここでやっと念願の飛露喜をゲットしました゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
飛露喜 特撰純吟 山田錦
シュッとしたオサレなデザインですなぁ。

もうさっそく飲んでみましたが、香りがすごーい♪器に注ぐとフルーティな香りが拡がりました。
飲んでみると辛さの中に甘さがあって、予想外でした。それにお米の風味があって濃醇で・・・。
やっぱり上手く表現できないや。(´・ω・`)
でも私的には満足です。(´∀`*)ポッ

そして開栓後数日で辛さが増したような気がします。

奈良萬と言い、飛露喜と言い、福島のお酒がきてますね~。
廣木酒造さんは地元を大事にしてらっしゃるようで、いただいたリストに載っていたお店にはけっこう飛露喜置いてありましたよ。
ただ、実店舗へ直接行かないと買えないようですが。

---楽天にも出てますね。---
    

[ 2008/03/21 15:43 ] Sake | TB(0) | CM(0)

酒器 

最近、酒器を見るのも楽しくて、自由が丘にある陶器のお店でぐい飲みを二つ買いました。



肉眼ではここまでブルーではないけれど、キラキラとした光り具合がどうしても気になって、何度も手にとっては置き――と繰り返した結果購入しました。
こういうふうに良い具合に光るのはあまりないそうで、これは良い色が出たんですよ。と店員さんも言ってました。



こっちはデザインのシンプル感が気に入って購入しました。
が、実際にお酒を注いでみると、器から土の匂いがすることに気付きました。。。ショック。


我が家の日本酒コレクションがなくなってしもたのでまた新たに↓お酒を追加です~。


純米吟醸 出羽桜 出羽燦々であります。
ビバ☆東北☆ビバ☆山形☆ビバ☆日本酒~♪♪
[ 2008/03/15 23:38 ] Sake | TB(0) | CM(0)

新年飲み@日本酒の会 



今年も飲みます。
日本酒の会。
昨年なぜか2回開催してしまった忘年会でひょいと出た新年飲みの話題から
成り行きで(?)第一弾が我が家で開催されることとなりました~~。

年末にスーパーに行ったら何もかも売り切れだったということを言い訳に
何も用意してなかった私でしたが、年末年始の間になぜかたーーーっくさんの
いただきモノたちが集合してくれました。v(´∀`*v)ラッキー

さみーはおでんを仕込んできてくれました。
相変わらず料理上手でとっても美味でした~。

らみーは春巻きを揚げてきてくれました。
わざわざ揚げ物をしてきてくれるなんて、めっちゃ嬉しい!
らみー家の春巻き美味しかったどー。

そんなこんなで16時~24時まで。
飲んで食べて。ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

つーか、何をそんなにしゃべってるの?!
というのが男子にとっては永遠の謎のようですが、
女子3人も集まればいつの間にか時間が経ってしまうのです。ヾ(≧∀≦)ノうひょひょ

fly_14.gifやっぱり日本酒が好きfly_14.gif


↓らみーにたっぷり遊んでもらったなっちゃん。

何日分か遊んでもらったみたい。
翌日も遊んでもらおうと2階に駆け上がってきたのに私一人しかいなくてがっかり。
いびきかいてぐっすり一日中寝てました。
相当疲れたみたいだよ~。
[ 2008/01/04 23:59 ] Sake | TB(0) | CM(4)

晩酌 


普通の晩御飯のときに大吟醸とか飲んじゃう酒の飲み方間違ってる我が家

今日は喜多方に行った時に買った奈良萬 純米大吟醸を飲んじゃいました。

一口飲んで、辛っ!と感じました。
最近甘口のお酒ばっかり好んでいたので特に。
5年くらい前はこの奈良萬の純米吟醸がとっても美味しいと感じたのに、今回久しぶりに飲んでみたら、現在の好みとは違ったようです。
辛くてすっきりしてるのはいいんだけど、後味に強いナニモノかが残るんですよね。何なんだろう・・・この後に残るナニモノの正体を誰かに教えてほしいっす。

っていうか自分のお酒の好みがここまで変わったことが今でも不思議でしょうがないです。

-----------------------------------------------------
今日も至近距離のこのふたり。
いつ添い寝できるようになるかな。

[ 2007/07/04 21:23 ] Sake | TB(0) | CM(9)

梅酒を仕込む 


もう半月も前からずーっと庭の梅の木を眺めてたんです。
梅の実がなってるなぁって。
数年前に漬けた梅酒を飲み干しちゃったから、今年は新たに梅酒を仕込もうと思ってまして。

梅の木をぼーっと眺めていたら、お向かいの家のおじさんが声をかけてくれたので、「梅っていつ頃取るんですかねぇ」と相談すると、「スーパーに梅酒用の梅が売り出される頃だよ~」となんて明快なお答え!

あれから待つこと半月、スーパーに梅酒用の梅が並び始めたので、我が家も収穫しました。


約1.2キロの梅がとれました。
梅を収穫していると、お向かいのおじさんが「枝はまだ切り落とさない方がいいよ」とまたアドバイスしてくれました。このおじさん、日曜大工や庭木の手入れなどなんでも自分でやってしまう人で、いつも我が家にアドバイスをくれたり、のこぎりを貸してくれたり、日曜大工を手伝ってくれたりして助けてもらってるんです。
バイク(ハーレー!)や車をいじったり。多趣味な方でうらやましい~。

肝心の梅ですが
一つずつ丁寧に水で洗い、完全に乾くまで陰干しし、つまようじでおへそのゴミを取り除き、おしりに十字に切り込みを入れました。


そして
今回はブランデーで仕込んでみました。
梅酒を大量(大漁とも言う)に買いこんだとき、意外にブランデー仕込みの梅酒が好きかも。ということに気付きまして。
しかも、↓こんなのが売ってるんですね。
     
サントリー果実の酒用ブランデー35度1.8Lパック

このブランデー1.8リットルと氷砂糖500グラムで漬けてみました。
美味しくな~~~~れ♪

[ 2007/06/03 20:47 ] Sake | TB(0) | CM(0)

酒米いろいろ 

またまた日本酒なんだなぁ

先日飲んだ純米大吟醸 出羽燦々がとっても美味しかったくどき上手酒未来がやっと入荷されました~♪この酒未来も飲んでみたい酒マイリストに入っていたお酒です。
「酒未来」っていうのは、十四代で有名な高木酒造の社長さんが18年の歳月をかけて開発した酒米で、十四代が使用している『龍の落とし子』と兄弟系統にあたる酒米なんだそうです。
うふふっ楽しみ~


写真右:くどき上手 純米吟醸 酒未来
写真左:豊盃 純米吟醸 豊盃米55%

一緒に、豊盃っていう日本酒も買ってみました。青森県の三浦酒造さんという小さな造り酒屋さんが昔使われていた豊盃という酒米を復活させ、全国でもこの蔵元さんだけが使用しているその酒米でつくられた日本酒なんだそうです。
わくわく

我が家の冷蔵庫、こんな感じです。キャハ★



          
くどき上手 純米吟醸 酒未来  豊盃 純米吟醸 豊盃米55%
[ 2007/05/24 20:26 ] Sake | TB(1) | CM(6)

自分ブランドの純米吟醸酒づくり【田植え体験】 

会津若松のほろむいイチゴ・四季の里という団体が行っているグリーンツーリズムに参加してきました。
この純米吟醸酒づくりのコースは
 ・田植え
 ・新酒の仕込み
 ・瓶詰めと試飲

が体験できて、最終的に体験でつくった生原酒4合瓶が6本もらえるんです。
オプションとして
 ・稲見会
 ・稲刈り体験
 ・蔵泊体験

もできちゃいます。

今日は田植え体験。喜多方を早めに出発したので集合時間の10時よりもだいぶ前に体験場所である会津若松市湊地区に到着。
ナナの散歩をしていると、田んぼの近くの家の方たちが玄関から顔を出し、「田植えに来たのぉ?」と方言でやさしく話しかけてくれて、ちょっとお話ししてたらおばあちゃんが「上がってお茶でもどう?」と誘ってくれたりして、田舎ってこういうのがいいですよね。

今日は天候に恵まれず、雨が降ったりやんだり。
それよりなにより、とにかく強風でビュービュー

ここが田植え体験を行う田んぼ。
田んぼとしては小さめサイズで、昨年までは小学生が稲を育てるのに使っていたところなんだそうです。


これが今日植える苗たち。
夢の香(ゆめのかおり)という品種の酒米です。「八反錦1号」を母、「出羽燦々」を父に人工交配により誕生した福島県のオリジナル酒米品種で、従来使用されていた五百万石に比べて耐久性や耐病性が優れているそうです。

10:30
主催者の方による開会のあいさつや酒蔵紹介などが簡単に行われました。
が、とにかく冷たい強風にさらされ、それどころじゃない感じ。
申込者は30組程度と聞いていましたが、今日参加したのは20組もいなかったんじゃないかな。遠くからの参加は習志野ナンバーのとってもお酒の好きそうなグループの方たちと、私たちの湘南ナンバーだけだったかも~?地元のTV局にナンバー撮られた気がします。。。

田植えを教えてくれるおばあちゃんと一緒にみんなで横一列に並んで田植えのスタート。

あらかじめ格子状に引かれたラインに沿って苗を4,5本ずつ挿していきます。
最後は指2本を使ってすっと挿すっておばあちゃんに教えてもらったけど、なかなか思うようにできない。挿しが甘いと苗が寝ちゃったり。
去年も参加してるっていう方も結構いたみたいです。それにしてもみんな植えるスピードが速い!スタートは一緒だったはずなのに、私たちどんどん離されていきましたから・・・。


気合い入れて素手で参加しましたが、地元のおばあちゃんは皆ゴム手袋してやってましたから~。素手でやってしまった私たちは爪の間に見事に土が入ってしまい、手を洗ってもなかなかとれませんでした。

田植えの最中はかなり熱中してやってたから気にならなかったんだけど、どうやら途中から雨が降り出してて、気付いたらズボンと上着の間の部分の背中がびっしょり。
気付くと急に寒くなってくるものなのね。
寒さでブルブル震えちゃいました。

車に戻って気温を見たら、なんと8℃でした!!
そりゃあ地元の人も寒いって言うわ。。。

12:00
すぐ隣りの集落センターにて昼食会。
クリックで拡大 クリックで拡大
地元の方が前日から作ってくれたお弁当をいただきました。
お弁当は地元の食材を使用した郷土料理が入っていて、メニューの説明も添えられていました。


手作り感があってとっても温かいお弁当に感動

クリックで拡大 クリックで拡大
にしんの山椒漬けっていうのを初めて食べました。酒のつまみにも最高なんだそうです。
たけのこ汁は冷えきった体を温めてくれました。サバが入っていて、とっても美味しかったです

13:00
今後の説明を聞いて解散。
結構サクサクと進行されていくので予定通りに全て終了しましたー。


終わったら急速に晴れてきました。キレイな景色♪
私たちのお米、美味しく育つといいな~。
そして来年は美味しいお酒を・・・ 楽しみ~

ほろむいイチゴ・四季の里
会津若松市
[ 2007/05/20 14:56 ] Sake | TB(0) | CM(3)

南東北の旅 ~日本酒を求めて 

今日は早起き喜多方を目指して東北道を北上するのじゃ~
しっかし福島って遠いーなー。
私の実家は館林だからいつも東北は使ってるけど、館林から先の長いこと・・・。
12:30 ケイコの拙い運転でやっと那須高原SAへ到着しました。

訳あって今回ナナも一緒なのれす。
ここ那須高原SA(下り)にはドッグランがあるということで寄ってみたんだけど、ドッグランに入らなくても公園みたいなのが広いし、雨上がりで地面がぬれてたから結局ドッグランには入りませんでしたー。
でもね、ワンコを休憩させるのにはとっても良いSAだと思いますヨ!

ナナのために休憩を多くとったから15時頃に会津若松から喜多方へ到着。
喜多方に来たら、蔵元夢心酒造の隣りにある酒屋さんに寄ります。
ここの奈良萬というお酒が美味しいので今日も買いに来たんだけど、純米吟醸はちょうど売り切れちゃったとこらしく、純米大吟醸を買ってみました。大吟醸なんて贅沢だわ~。

その後・・・

じゃーん

なんとそのまま米沢まで行っちゃいました~。
喜多方からちょっと行くだけで山形県に入るんですね

山形と言えば、もちろん酒!酒!日本酒です!
最近私が美味しいと感じる日本酒はなぜか東北地方のものばかり、中でも山形が好きなんだなぁ。
十四代でしょ~、くどき上手でしょ~、出羽桜に上喜元。。。
でもね、それらの蔵元さんは山形県のもっと北の地域にあるみたいで。残念!
とりあえず、米沢駅周辺の酒屋さんを見て回りました。

酒屋さんと話したら、十四代は人気爆発すぎて、「今はほとんど東京向けに出荷されちゃうんですよ~。あとはネット販売ですかねぇ。」と・・・。
地元の酒屋さんも逆に東京の酒屋さんから十四代を買って販売するしかないんだそうです。
悲しい現実です。地元のお酒が地元では手に入らないなんて。

ここいらの酒屋さんは米沢近辺の日本酒がメインに置いてあったんだけど、結局、飲んでみたいと思っていた山形正宗出羽燦々があったので購入これも純米大吟醸なんて贅沢なんでしょ~。


写真左:奈良萬 純米大吟醸 五百万石
写真右:山形正宗 純米大吟醸 出羽燦々

<おまけ>
拡大 拡大
東北限定じゃがりこずんだを買ってみました。
おおー!ずんだ味のじゃがりこ美味そー!
と思ったけど、味は特にずんだ味でもなく・・・じゃがりこ味。
たまーに枝豆風味がするけど、もっとずんだ味を強調して欲しかった~。
[ 2007/05/19 17:15 ] Sake | TB(0) | CM(2)

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。