スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バックカントリー【神楽が峰】 

今シーズンの初滑り、かぐらスキー場に行ってきました。
朝5時過ぎに家を出発し、8時半くらいにスキー場に到着。

20070126_01.jpg
さてと、滑りますか~。
天気は快晴。風もなく穏やか。コースは気持ち良いくらい圧雪されていて、滑りを確認するにはちょうど良かったです。若者ぶってちょびっとだけダックスタンスにしてみたんだけど、これがしっくりこないのか、初滑りだからぎこちないのかイマイチ判断できず~。

かぐらの一番上のリフトを降りると、青空とのコントラストが美しい神楽が峰が目に入ってきました。ううー、気持ち良さそう。ウズウズする気持ちを抑えつつスキーパトロールさんとお話をし、なかなか良さそうなので神楽が峰へ行くことに決定!
初滑りにして初バックカントリーです。

が! 山登りの道具は駐車場の車の中・・・。


装備を取りにノンストップで下まで滑り降り、ロープウェイで駐車場へ。ゼーゼー。結構しんどい。装備を背負って再びロープウェイとゴンドラを乗り継いで上へ戻りました。
20070126_02.jpg
ゴンドラを降りたところで登山届けに記入して投函。
登山計画書には連絡先、装備品、ルートなどを記入します。

20070126_03.jpg
11:40 さてと、登りますか~。

20070126_04.jpg
ケイコはいつも木に積もった雪をストックでつついたりして遊びながら歩くので、気がつくといっちゃんが遥か遠くにいたりします。

20070126_05.jpg
前日や午前中に歩いた人のおかげで楽々登ることができました♪
ここはまだまだ序盤。

20070126_06.jpg
だんだん雪が深くなってきました。
しかも柔らか~い。滑るの超楽しみ

20070126_07.jpg
遠くのお山もきれいに見えました。

20070126_08.jpg
木の影が伸びて、なんだか今にもモコモコ動き出しそう。

20070126_09.jpg
うさぎの足跡。たくさん見られました。
とにかくバックカントリーは、滑ることだけが楽しみじゃありません。登る楽しさも感じられるんです。私たちは天候に恵まれることが多く、快晴の真っ青な空と雪に覆われた真っ白な山の中をただ歩くだけでもとっても嬉しいし、楽しい気分になれます。そこに木々の表情や、動物の足跡を見つけるのもまた楽しみの一つなのです。

20070126_10.jpg
13:40 小休憩を挟みながら、約2時間登りました。
ここからドロップしまーす。ワクワク


20070126_11.jpg
うひょ~~~
雪ふっかふかで最高~!

なんだけど、ここ北斜面でもうとっくにお昼回ってるもんだから影になっちゃって暗くてよく見えず、いまいちコースどりできなかった。もったいないことしたー。
でもとにかく雪は軽くて深く、奇声あげながら楽しく滑りました。


だがしかし・・・

調子に乗るもんじゃない。


私たちは神楽が峰のピークからさらに尾根を越え、北斜面を滑り下り、ゴンドラ降り場付近に出ようと考えていたんですが、その途中で沢に出くわすと沢からは水の音・・・。沢埋まってないしー!温暖化じゃけぇ。。。

という訳でそこから再び登り返し。時間はもう14時過ぎ。
上を見上げ、この尾根越えなきゃあかんのよね??
とかなーり足取りも重くなる。

でも待て、スキー場のリフトって何時までなの?
どれくらいかかるのかわからない尾根越えをゆっくり登ってたら間に合わないんじゃなかろうか。と心配になってくる。

そりゃーもう必死で登りました。

もし日が暮れちゃったら・・・救助を呼んだら・・・などなど必死に登りながらもいろんな妄想してました。

半べそですよ。


結果、尾根は20分くらいで越えることができ、そこからトラバースして無事にスキー場のコースまで出ることができました。

20070126_12.jpg
足ガクガクで力が入らず、滑ることもままならないのでゴンドラで下山。


きちんとルート計画を立て、方角を確認しながら進むべし。
っていう基本ができてませんでした。反省。
スポンサーサイト
[ 2007/01/26 21:30 ] Snowboard | TB(0) | CM(8)

01 │2007/01│ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。