スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

彼岸花まつり 

お散歩の帰りに通りかかった小出川沿いにて何やら人だかりを発見。
気になって覗いてみたら、「小出川彼岸花まつり」を開催してました。
なんと今年が第一回。
藤沢と茅ヶ崎にまたがって流れる小出川沿い、約3kmにわたって彼岸花が咲いていて、すごくキレイな風景でした。


青空に映える彼岸花。


なっちゃんも半ば強引に記念撮影。
彼岸花は球根に毒性があるのでワンちゃんネコちゃんのみんなは食べないよう注意してくださいね。もちろん人もね。


赤はコントラストが強く出るから撮りたい色ではあるけれど、光の当たり具合によってなかなか思うような『赤』が出せず、難しかったりもする~。
もっともっと撮らなきゃダメね。
露出の勉強がんばろうっと。(p`・ω・´q)




この木になんだか不思議なパワーを感じたので、一緒にフレームに収めてみました。
こういうの、私の好きな世界です。


小出川はなかなか対岸に渡れるところがなくて、3km以上も歩いたからもう夕暮れ。
たくさん歩いた一日でした。
スポンサーサイト
[ 2008/09/23 20:07 ] Diary | TB(0) | CM(0)

秋散歩 

お散歩に行って、小さい秋を見つけました。


「それ食べられる?」って言ってる表情。絶対。


『どんぐり』と言っても種類がたくさん。これはシラカシ?アラカシ?


今日もなっちゃんはバドミントンのシャトル拾いに大忙しなのでしたー。
[ 2008/09/23 17:52 ] NANA | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 3日目 最終回  

豆ちゃにて美味しい食事とお酒で良い気分になったところで、帰りの新幹線を確認。
21時半だよ。」と言う私の言葉をすっかり信じていたいっちゃん。
でもちょっと気になったので念のためチケットを取り出して見てみる。

ガガガ━Σ(ll゚д゚(ll゚д゚ll)゚д゚ll)━ン!!!

20時半なんですけろ・・・。

その時すでに20分前。
白目剥きましたよ。

ここから京都駅まで果たして20分で辿り着けるの?!という不安いっぱいで祇園の街を猛ダッシュ
とにかくタクシーを拾える通りまで出なくては~!
と通り抜けた【八坂神社】ではお月見の会『観月祭』が行われていました。


この写真、すごくないですか?!
猛ダッシュして息が切れてる最中に、一瞬だけ止まって撮った写真なんです。
当然、使い物にならないかと思ったら、案外イケてるかも♪


このあとタクシーをつかまえ、京都駅には出発の4分前くらいに到着することができたのでした。

初日の横浜から最後の京都まで、なんだか大慌ての駆け足旅行となってしまったー。
今回は久々の京都に、がっついて欲張りプラン。
次回行く時はもっとゆったり京都旅行にしますよ。たぶん。
[ 2008/09/14 22:33 ] Trip | TB(0) | CM(0)

【石塀小路 豆ちゃ】@京都 

京都旅行最終日の夕食は、食べログで評価の高かったお店、【石塀小路 豆ちゃ】を予約しました。
このお店って都内や横浜にもあるチェーン店なんですよね。(;´∀`)
でも、ここ本店は関東のお店とは仕入れもメニューも違うそうです。なんだかホッとしたー。


ここはちゃんとお店とわかる看板が出ているのでわかります。
なーんて、わからなくてお店に HELPの電話したくせに。。。


まずこの和風ながらもスタイリッシュな雰囲気にクラッときました。やられたー。


生麩田楽。


なんだったかなー。時間経ちすぎて忘れました。(汗)


たくさん食べたけど載せきれないので、〆の茶そば。
手前の竹の器に載っているもの全てがおそばの薬味。またしてもやられたー。

京都の地酒なんかもあったりして、私的に大ヒットのお店でした。
美味しかったし、お店の雰囲気や店員さんの対応まですべて満足!


最後にお抹茶とお菓子が出てきました。至れり尽くせり。ヽ(〃'▽'〃)ノ


石塀小路 豆ちゃ
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町463-16
TEL:075-532-2788
営業:17:00~24:00
無休
[ 2008/09/14 19:00 ] Cafe&Restaurant | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 3日目 夕暮れ 

清水寺から産寧坂→二年坂→ねねの道を歩き、そこから【石塀小路】に入ってみました。
路地の両側の町屋の石垣が塀のように連なる町並みからその名が付けられたそう。
下2枚の写真は石垣がないけれど、石塀小路です。(笑)
とても雰囲気があってこういうところ好きです。


石塀小路には民家もあるようでしたが、料亭なども多くありました。
どこもはっきりお店とわかるような看板があるわけじゃないから敷居が高い感じ!
とてもじゃないけどふらっと入れるようなとこではありません。


さすがに疲れたので、高台寺のお茶屋さんで休憩。
よく考えたら、今日お昼ご飯食べてなーーい。
清水周辺のお食事処はどこも並んでて、なんとなくチャンスを逃しちゃったんですよね。(-_-;)


17時を告げる高台寺の鐘の音を聴きながら、宇治金時を。
ここへ来て初めてゆっくりとしたひと時を過ごしたような・・・。
今まであそこもここも行かなくちゃ!と走り回ってたからなぁ。

そのままのんびりと高台寺から京都の夕景を楽しみました。

[ 2008/09/14 18:00 ] Trip | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 3日目 【清水寺】  


世界文化遺産に登録されている【清水寺】に到着~。
清水寺の入口がこんな感じって知ってました?
私は修学旅行で2回も来たことあるくせに、『清水の舞台』の印象が強すぎて、ここの記憶が全くありませんでした。┌( _ω_ )┐ナハハ♪

清水寺ではちょうど御本尊御開帳が行われていました。
いつもは「十一面千手観音像」の代わり役のお前立ちしか拝観することができず
本来、三十三年毎に御本尊様が御開帳されるはずのところなんですが・・・

今回は『西国三十三所結縁総御開帳』という特別な御開帳のタイミングで
御本尊様にお会いするという貴重な経験をすることができました。

スピリチュアルなものをとても感じました。
中にいたたぶんボランティアの方の御本尊や毘沙門天、風神、雷神についての説明を聞きながら、なんだか鳥肌が立ちました。
これは良い経験をしました。

そしてお次は、【隋求堂(すいぐどう)】の「胎内めぐり」です。
本当に真っ暗闇の中を、綱をたよりに進むという、一種アトラクションのよう。
マジで怖かった暗闇から解放されて、光が見えたときの喜び!まさにこれがお釈迦様が悟りを開かれた瞬間なんだろーか。。。

修学旅行で来た女子が必ずや訪れたであろう【地主神社】で、ゆるキャラ発見。
何の特徴もねー。


清水の舞台は人で溢れる。
いつか舞台がミシミシッとくるんじゃないかと心配だったりする。


【子安の塔】方面から見た清水の舞台。
ここ、撮影スポットとしてよく紹介されるけど、みんな右上に木の枝がどうしても入っちゃってるところが「あ、一緒だ」と思えておもしろいです。


お約束の【音羽の滝】も行列に並んで、グビグビッと飲んできました。v(´∀`*v)


清水寺はどこへ行っても混んでいて、とにかく巡るのに時間がかかりました。
紅葉したらキレイなんだろうなぁ。ライトアップとか。
でも相当混むんでしょうねぇ。
[ 2008/09/14 15:00 ] Trip | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 3日目 【南禅寺】 

よーじやCAFEで休憩した後、本当は哲学の道をずっと歩いて下ろうと思ってたんだけど、なんだか暑いし、最終日に疲れがきたので、バスに揺られて【南禅寺】へ。


京都三大門の一つに数えられている『三門』は大きすぎて写真では伝えられそうもありませんっ
なので柱のシルエットのみで。


ここも紅葉したら相当キレイなんだろうなぁ


赤レンガの水道橋(水路閣)はその古さが良い雰囲気だしてました。
そして『方丈』では水を飲む虎の襖絵を見学。

南禅寺を出るとさらに疲労感が・・・(;´Д`)
というわけで、大人の手段を使っちゃいました。(o゚c_,゚o)プププ♪"
タクシーで清水寺方面へビューンと移動
タクシーの運転手さんの粋な計らいで(?)、かの有名な山村美紗邸と西村京太郎邸が並んだ場所を通って、二年坂の途中で降ろしてくれました。楽ちんだね♪


うわ~すごい人!!
今まで鈴虫寺以外は混み合ってるところはなかったけど、ここはやっぱり超メジャーな場所だけあって、人の数がぜんぜん違いました。
これから二年坂、三年坂を上って清水さんを目指しまーす。
[ 2008/09/14 13:17 ] Trip | TB(0) | CM(0)

お座敷でカプチーノ【よーじやCAFE】@京都 

【銀閣寺】から再び【哲学の道】を汗かきながら、てくてく歩いてたどり着いた【よーじやCAFE】銀閣寺店。


古い家屋を利用したお店の中はお座敷。みんなお庭の方向を向いて座ります。
お隣さんとの距離が近いのでなんかちょっぴり恥ずかしかったりする~。


ここへ来たからには、よーじやヨーコ(勝手に命名)の顔が描かれた抹茶カプチーノ。
ヨーコの顔が描かれてるのはカプチーノだけ??って聞いちゃいましたから~。(ノ皿`*)ノシ★
ここのお店では抹茶カプチーノ(HOT or ICE)にだけ描かれているそうです。


そんなわけで、私は『手まりぜんざい』をいただきました。
冷たいぜんざいで、疲れた体にとっても美味しかった~。


よーじやCAFE嵐山店はテーブル席なので、お座敷でいただく銀閣寺店の方が京都っぽくて良いかも
[ 2008/09/14 11:09 ] Cafe&Restaurant | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 3日目 【銀閣寺】 

京都旅行3日目、最終日は【哲学の道】からスタート。
今日も良いお天気っていうか暑い
関東は涼しい日も多くなったっていうのに、とっても蒸し暑くて汗かきまくりでした。


哲学の道を歩いてすぐに、世界文化遺産である【銀閣寺】に到着。
背の高い椿の生垣を通って境内へ。


砂で作られた庭、【銀沙灘(ぎんしゃだん)】と富士山みたいなフォルムの【向月台(こうげつだい)】が印象的。
どうやってこんなにキレイな円錐状に仕上げるんだろうねぇ。


そしてその先に見えるは銀閣寺。

そこに見えるはずの銀閣寺が、ない。。。(;^ω^)


い、いやっこれは知ってましたからっ
現在屋根の葺き替え工事中で見られないってことは知ってて行きましたから~。

でもですね、この銀閣寺の境内に感動するほどキレイな苔があったんです。


もののけが出てきそうな雰囲気がずっとずっと奥深くまで続く感じがしました。


不思議なほどの『奥行き』感。
が、写真ではなかなか伝わらないですねぇ。
露出を変えて何度も撮っては見て、この苔庭にけっこうはまっちゃいました。

[ 2008/09/14 10:30 ] Trip | TB(0) | CM(0)

京町屋で晩ごはん【松富や壽いちえ】@京都 


二日目は、京町屋で晩ごはん
お店は大正時代に建てられた町屋で、古き良き風情たっぷり。


お料理は京都産の食材を多く使い、調味料までどこの何を使っているかちゃんと表示しているほどのこだわりっぷり。


とにかくコースの品数の多いこと~。
①おばんざい3種
②もずく酢
③京野菜湯葉あん
④じゃこピーマンの冷奴
⑤地鶏クリーム煮
⑥温泉玉子
⑦マカジキカツ
⑧有機じゃが芋のグラタン
⑨京もち豚ハンバーグ
⑩白玉入り黒ゴマミルク
有機玄米ごはん
味噌汁

た、食べきれない~(;´Д`)
[ 2008/09/13 21:00 ] Cafe&Restaurant | TB(0) | CM(0)

お抹茶ぱふぇー【茶寮 都路里】@京都祇園 

京都に来たらやっぱり本場の【都路里】へ行かねばなりませぬ。
一日目も行きたかったんだけど、タイミングを逃し、このままではスケジュール的に厳しいので、無理やり二日目の晩御飯前にねじ込みましたっ(笑)


祇園本店へ。
2階の茶寮への階段にずらーっと行列ができてましたが、待ってるから食べたら帰りましょう。という良心的なお客さんが多かったのか、非常に回転率がよく、あまり待たずに入れました。


どうだー!これが『特選都路里パフェ』です。
抹茶アイス・抹茶ゼリー・抹茶カステラ・抹茶シャーベット・・・抹茶づくし。
美味しかったー。これからご飯なので二人で一つのパフェでも満足。(*` 艸 ´)ウシシ
[ 2008/09/13 18:01 ] Cafe&Restaurant | TB(0) | CM(2)

激走☆京都旅行 2日目 【鈴虫寺】  

嵐山めぐりが案外サクッと終わってしまったので、本を見て行きたいと思っていた『苔寺』の名で有名な、【西芳寺】を目指すことにしました。
嵐山からバスに乗り、30分くらいかかったかなぁ。結構遠かったです。
ちなみに、嵐山エリアは京都市バスの一日乗車券の圏外なので、追加料金を払う必要がありまする~。要注意!(ちなみに私は一日券は使ってません。)

バスを降り、近くにいたガードマンの方に苔寺の場所を尋ねると、「予約されてますか?」と。
「へっっっ?よ・や・く~?!」
そうなんです!!
苔寺は拝観予約が必要なお寺だったのですー。\(◎o◎)/!
しかも事前に往復はがきでの申し込みが必要・・・。
そんなこと本に書いてなかったもん。 p(´⌒`。Q)グスン

それじゃあすぐ近くの『鈴虫寺』へ行こうじゃないかっ。
で、行ってみたら、すっごい行列。ウソ━━Σ( `Д´; )━━ン!!!
なっ、な、なんで?そんなに人気のお寺なのっ?!
予備知識ゼロで行った私にはわからな~い。


『鈴虫寺』として有名な【華厳寺(けごんじ)】は、その名の通り、鈴虫がたくさんいる(飼育されている)お寺です。
なんでも、お地蔵様が願いを叶えてくれたと数々の有名人がメディアなどで紹介しているとか。
で、それを聞いて願い事をしたら私も叶った・・・とか口コミでも広まり、こ~んな行列になるほどの人気なのだそうです。

悩める若い女子が圧倒的に多い。あとはカップルね。

そんなこんなで私も並んじゃいましたよ。1時間以上待ちましたよ。
まずは100人以上入れるお部屋に通され、お茶をいただき、鈴虫の音色をバックに、お話の上手な住職さんの「鈴虫説法」を聞きました。

そしてお守りを授与していただき、お庭を通って帰りに「幸福地蔵さん」へ願い事を。


わらじを履いたお地蔵様が自分の所まで歩いてきて、願いを叶えてくれるそうです。
なので、遠い人はそれなりに時間がかかるらしいです。
う~む、どれくらいかかるだろうか。
[ 2008/09/13 16:19 ] Trip | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 2日目 【野宮神社】【常寂光寺】【竹林】 

ランチを終え、嵐山を再び歩いて散策です。


まずは【野宮神社】。ここの鳥居はまんま「木」でできてます。
この黒木鳥居はクヌギの木の皮を剥かないまま使用した、日本最古の鳥居の様式なんだそうです。
鳥居を触ってパワーをもらっておきました。(*^^)v

野宮神社も『縁結び』で有名らしく、ここで姉上へのお守りをゲットしましたー。スキ(*´ 3`*)チュッ☆


境内には『じゅうたん苔』と呼ばれる美しい苔の庭がありました。
これはすごい感動モノ。
本当にビロードのラグみたいで寝転がったら気持ち良さそう。(立入禁止です)


野宮神社から竹林方面へ向かったつもりが、たぶん竹林の入口付近を有名な竹林なんだろうと勘違いし、そのまま【落柿舎】の方へテクテク歩いちゃいました。
日差しが出てきてとっても暑く、汗かくし、喉が渇くし、けっこう疲れました。

そのまま歩いて【常寂光寺】へ。


ここ、去年の秋に京都旅行を計画してたときに紅葉がきれいだと知ったんですけど、確かに参道脇にずらーっと紅葉の木が並んでいて、そりゃあ紅葉したらきれいでしょうよ~と思ったのでした。
っていうかこの京都旅行で行ったところのほとんどが、「紅葉したらキレイなんだろうなぁ」と思わずにはいられませんでした。(;´д`)
いつか、紅葉見に行くぞー。


駅方面へ戻るとき、本物の【竹林】を通りました。
本当にすごく涼しくて、静かでした。
ライトアップも素敵なんだろうな~。
[ 2008/09/13 15:30 ] Trip | TB(0) | CM(2)

鯛茶漬け【HANANA】@京都 


嵐山でのランチは鯛茶漬け専門店の【HANANA】でいただきました。
シックでオサレな雰囲気のお店♪キレイで心地良い~。


「鯛西京焼御膳」 \2,000


「鯛茶漬け御膳」 \1,800


鯛が見た目以上に何枚も何枚も乗っかっていて、ボリュームがあったのが驚きでした
ごまだれがまた美味しくて最高でしたー。


〆は鯛茶漬けで。
美味しすぎて大満足のお店でした~。ヽ(´∀`*)ノ


鯛匠 HANANA
京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町26-1
TEL:075-862-8771
営業:ランチ 11:00~17:00 (ラストオーダー17:00)
不定休
[ 2008/09/13 13:30 ] Cafe&Restaurant | TB(0) | CM(0)

激走☆京都旅行 2日目 【天龍寺】 

2日目はバスに揺られて嵐山へ。


朝のうちは小雨だったけれど、次第に晴れて、暑くなりそう!


まずは世界遺産の【天龍寺】へ。
後醍醐天皇の冥福祈願のため、足利尊氏が建立した臨済宗天龍寺派の総本山。
ゴダイゴテンノウ、歴史が大の苦手な私でも聞いたことありまする。

参道には紅葉の木がたくさん!これが紅葉してたら相当キレイだよねぇと妄想は膨らむ。
見上げると、んんっ?!ちょっと色付いてるんじゃない?(ほんとーにちょっとだけ。ぷぷ)


庫裡(くり)にて巨大達磨様がお出迎え。
禅宗の開祖とされる達磨大師の姿なんだそうです。鼻息荒らそうです。ムハー


天龍寺はとってもオープンで、方丈の中はほぼ自由。寝転ぶことだけ禁止。
外はすごく暑くなってきたのに、方丈の中だけはひんやり涼しい風が吹き抜けて気持ち良かったぁ。


池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の【曹源池庭園(そうげんちていえん)】を、回遊せずに畳の上に座ってゆっくり眺める。┌( _ω_ )┐ あはは♪


昔の人はこのお庭で四季を感じて、優雅な時を過ごしたんだろうねぇ。
これは紅葉したら絶対キレイだわ~。

[ 2008/09/13 10:12 ] Trip | TB(0) | CM(0)

08 │2008/09│ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。