スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

瞑目 



11月19日午後8時4分 父方の祖父が他界しました。

癌の告知を受けてから約6年。

実家に行った帰りに「おじいちゃんまた来るからね~」と言うと
「おう!病気なんかに負けずにがんばるぞ!」と言っていたおじいちゃんの笑顔が
脳裏に焼きついています。

小学生の頃は毎年夏休みにおじいちゃんの家に行くのが楽しみでした。

ザリガニやセミ捕りをしたこと。
セミの脱皮を夜遅くまで観察したこと。
へびのぬけがらで脅かされたこと。
石鹸味のおにぎりのこと。
お馬さんごっこをしてくれたこと。
毎年みんなで神社へ初詣に行っていたこと。
戦争の話を聞かせてくれたこと。
台風の日にも田んぼを見回りに行っていたおじいちゃんの姿。
みんなから頼られるおじいちゃんの姿。

どれもが心に残る大切な思い出です。


「がんばる」と言っていたおじいちゃん。
最後まで本当に頑張っていました。

もうゆっくり休んでいいからね。
スポンサーサイト
[ 2007/11/24 15:32 ] Diary | TB(0) | CM(4)
おいら、会社の部長でもあれだけ凹んで。
そして、この記事読んだだけで、眼がウルウル。
まだ、そこまで近い人、いないからわからないけど。
なんて言っていいのかわからないけど。
とにかく、ケイコ、頑張って!
[ 2007/11/26 09:30 ] [ 編集 ]
私もおじいちゃんのことを思い出したよ。
おじいちゃんは、眠るように逝ってしまった。
最初は全然信じることが出来なくて、何がなんだか分からなかった。
もっともっとしてあげられたのにってことが後から後から出てきて。

だから何かをした時は、空を見上げておじいちゃんに報告をするんだ。
おじいちゃんは、いつでも見てくれているよ。
[ 2007/11/26 12:23 ] [ 編集 ]
ありがとう。
そうだよね、あっきぃも元気なくしてたもんね。
私もね、大人になって初めてのことで・・・。
でも最後に会うことができたし、それだけでも良かったかなぁと思ってるんだよね。
そのときのことを思い出すと今でも涙が出ちゃうよ。

バタバタしててあっという間の一週間だったんだ。
[ 2007/12/02 18:51 ] [ 編集 ]
コメントありがとね。
最期を看取るって複雑な気持ちだね。
どう受け止めたらいいのか正直よくわかんなかったよ。

でもさ、ずーっと介護と看護をしてきた私の両親はもっともっと悲しかっただろうなぁって思う。
残されたおばあちゃんのことも心配だし。
今も空から見てくれてるかなぁ。
[ 2007/12/02 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。