スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペルー旅行記 【3日目】 クスコ周辺 

6:30 起床。旅の朝は早いのだ。っていうか昨日早く寝てるからねー。
8:00 朝食。スイカ、マンゴー、パパイヤなどのフルーツが美味い。
若干の頭痛を感じるけど気にしない、気にしない。

9:00 ドライバーさんとガイドさんPickupでクスコへ向かいます。
現地ガイドのジェシカさんは日本語を勉強中なんだそうですが、だいたいのガイド用語はマスターしてるので問題ない感じ。
今日はなんと私たち二人だけのプライベートツアーなんだそうです。ヤッター。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

10:10 タンボマチャイ(標高3,700m)
インカ時代の沐浴場ではないかと言われています。



『水の神殿』と呼ばれるだけあって、現在も水が流れ続けていますが、その水源は未だにわかっていないそうです。水は冷たかったです。
ジェシカは昨日のガイドさんとは違って、私たちに気を使ってゆっくりゆっくり歩いてくれます。
今日も息が切れるぜ。

タンボマチャイでロバに遭遇。普通に放し飼いです。



タンボマチャイの向かい側にはプカプカラ遺跡があります。
『プカ』は先住民の言語であるケチュア語で『赤い』という意味。
確かに赤っぽい建造物でした。
というか、クスコ周辺の土はみんな赤土で、とても乾いているので埃っぽかったです。
その上、日差しが出ると朝のひんやりが嘘のように気温が上がり、とっても暑くなります。
標高が高いから日差しが強いんですよね。



10:45 ケンコ遺跡。



インカ時代の祭礼場と言われていて、これは生贄(いけにえ)を捧げた場所。
6月と12月にリャマやアルパカの生贄を捧げたそうです。



アルパカいっぱいー。(・∀・)
途中で寄ってくれた高品質のアルパカ製品のお店にて。


アルパカの顔をアップで。
鼻の下の丸っこいところがたまりません。

11:30 サクサイワマン遺跡。
インカ時代の城塞跡。



どの遺跡もそうなんですが、スペイン人がクスコを占領したときに、建物を破壊し、教会や政庁を作る材料にしてしまった為に、現在は下部構造しか残っていません。



向かいのちょっと離れたところにある石切り場。
とても巨大な石をどうやって切って、どうやって運び、どうやって積み上げたのか、私には想像もつかない。
本当に昔の人ってすごいなぁーと尊敬。
それにしてもお昼になって日差しが一層強くなり、すごく暑くて汗かいちゃいました。

そして、サクサイワマン遺跡の上からはクスコの町並みが一望!!
これはすごーい。この景色にしばし感動。
アルマス広場にいる人まではっきり見え、何も遮るものがないので子供たちの声もひびいて聞こえてきました。


さすが世界遺産に指定されているだけあります。

インカの聖なる3動物というのがあって、
コンドルは神の世界、ピューマは人間の世界、ヘビは死者の世界の守り神とされていました。
そしてクスコの街はピューマの形をかたどって作られたそうです。

また、『クスコ』とはケチュア語で『へそ』の意味なんだそうです。
インカ帝国の中心的都市だったのでしょうね。
スポンサーサイト
[ 2008/04/30 13:29 ] PERU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。