スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【富士屋ホテル】でホタル観賞@箱根宮ノ下 

今年の誕生日は箱根・宮ノ下にある【富士屋ホテル】でホタルを観て過ごすことにしました。
とは言え、誕生日当日は休めなかったので、前々夜祭です。(;´∀`)

お天気は曇り時々雨。
私の誕生日はいつも梅雨の最中なのでしょうがない。台風だった年もあるからねぇ。
雨嫌いで有名だった私ですが、最近雨でも昔ほど気にしなくなってきたような・・・。
私も成長したもんだ~。(∀`*ゞ)エヘヘ


お部屋は希望していた花御殿ではなく、西洋館でした。
明治39年(1906)に建てられた建物は相当古く、歴史を感じちゃいます。
でも室内はとっても奇麗にされていて、白い壁や淡い色の絨毯、ソファにかけられたレースなど、かわいらしかったです。


もともと外国人向けだったこのホテルには大浴場がないため、部屋のお風呂も温泉が出るようになっているので、部屋のお風呂にゆっくり浸かりました。


階段がすごくて写真に撮ってみたけど、上手くフレームに納まってくれません。(´д`、)
15時ごろチェックインを済ませ、16時から館内ツアーに参加しました。
ロビー前に集合だったんですが、かなりの人数が集合して大変なことになってました。
奥様方が多かったような気がします。


富士屋ホテルの歴史に始まり、チャペルやレストラン、バーなどを見学させてもらいました。
本当ならお部屋の案内もあるそうですが、この日はあいにくすべてが満室!!とのことで、部屋を見ることはできませんでした。残念なり。(´・ω・`)

これが本当は泊まりたかった花御殿です。
全43室に花の名前がつけられていて、一部屋ずつ、客室のドア、カギなど、細部に花のモチーフが使われているんだそうです。


まだ外が明るいうちに、ホタル観賞の下見にお庭を散歩。
水車小屋周辺にホタルが見られるそうです。
雨も上がったことだし、どうにか見られるといいなぁ。

夜はホテルのメインダイニング【ザ・フジヤ】で、フレンチをいただきました。
メインダイニングは壮麗な木造の建物で、植物が描かれた天井や彫刻の入った柱に圧倒されました。
だけどもぉ、古いだけに食べ物特有の臭いが染み付いていて、鼻のきく私にはちょいとそこがひっかかりました。(;^ω^)いや、けっこう気になる。


食事の最後には、バースデーケーキと歌のプレゼントが~。
いやぁ恥ずかしかった なんてね、ありがとうございました。

そして肝心のホタルなんですが・・・

雨、降っちゃったんですよねぇ。・゜・(。´ノω・`)。ウウゥゥ
傘をさして庭へ出てみたものの、確実に確認できたのは、2匹のみ。

それでもまぁ、見れたから良しとしますか。(●´∀⊂)
スポンサーサイト
[ 2008/06/29 22:35 ] Trip | TB(0) | CM(2)
ステキすぎるホテル!ステキすぎるお誕生日!
溜息!
(あ、遅くなっちゃったけどお誕生日おめでとう!!)

こんなところには、いったいあと何年後になったら
行けるのかなぁって考えちゃったよ・・。
考えてみたら、箱根って行ったことなかったー。
ここが一押しのホテル?
[ 2008/08/03 22:43 ] [ 編集 ]
すごいよねぇ。
歴史の重みを感じる建物だったよ~。
サービスもとっても良かったし。

えっ、Shihoちゃん箱根行ったことないのぉ?!意外。
温泉好きだったよね。

ここのホテルはね、老舗ですごく有名だけど、元は外国人向けのホテルだからなぁ。
箱根って言ったらもっと和風の温泉旅館を想像する人が多いんじゃないかな。
私は箱根って近いけどなかなか宿泊はしないから、有名な富士屋ホテルに一回は泊まってみたかったんだよね。

あ、超高級そうなハイアットもできたんだよー。
外からちらっと見ただけでもすごそうだった!
http://www.hyattregencyhakone.com/
[ 2008/08/06 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。