スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スキー場&バックカントリー【チセヌプリ】 

今日はバックカントリーの日。ガイドはニセコで毎年お願いしているけんちゃんです。
あいにく今回は天候に恵まれず、山の上は風が強く、ガスも出ているのでとりあえず午前中はチセヌプリスキー場を滑ることに。チセヌプリスキー場ニセコにあるスキー場の中でも一番奥まったところにあり、車を持ってないと行けないため、内地からのツアー客にはなかなか行けないスキー場です。
長いリフトが1本のみ。でもほとんどが非圧雪なので、パウダー喰い放題なのです~。
ここ数日、風が強くてクローズしていたそうで、期待通りのパウダー

うひょー!と歓喜のおたけびをあげながら滑ってみたものの、みんなのスピードが速くてついていけないよ~
あっちゅーまにみんな消えていった・・・。

そりゃあそうだよね。みんなノートラックのパウダーを満喫したいんだよね。
ううっ乳酸がぁ

20070216_2.jpg
今回のメンバー、左から、一人で参加のまっちゃん、いっちゃん&私、まーくん&さみー、札幌から駆けつけたしほちゃん、けんちゃんのお友達うっちゃん、写真を撮ってくれたガイドのけんちゃんの8人です。

20070216_4.jpg
12:30すぎにスキー場のリフト降り場の上から出発。

チセヌプリと言えば、私の初バックカントリーの山。
こんなにすてきな世界があったんだぁ
北海道っていいなぁ~と感動した場所であります。

30分ほど登ったところで山頂方向は視界が悪く、コンプレッションテストの結果もあまり良くなかったのでピークは諦め、そこから南斜面を滑ることになりました。
まぁしょうがない。安全に帰ることが一番大事なことなので。

雪は軽くはなかったけど、良かったです。
やっぱりニセコは期待を裏切りません
みんな楽しんで滑りました

20070216_5.jpg
滑り終わったあとの歩き。みんな満足げ。(笑)

20070216_6.jpg
道路標識の下で記念撮影。例年はもっと雪が多くて標識に手が届くんだけど・・・。

20070216_7.jpg
ゴールへ向けてトラバース&ツリーラン。やがて小湯沼が見えてきました。

20070216_8.jpg
そしてゴールはニセコ湯本温泉の源泉である大湯沼。ポコポコとお湯が湧き出ていて、大湯沼一帯はものすごく強い硫黄臭がしますっ!
写真に写っている沼の左側に人がいるのわかりますか?そこが終点です。

20070216_9.jpg
滑り終わってガッツ

20070216_19.jpg
滑りの後はもっちろん温泉です。
大湯沼の隣りにある【雪秩父】という温泉
ここは確かねぇ、じゃらんか何かでNo.1に選ばれたこともあるくらい人気の温泉なんですよねー。

男女合わせて11個の露天風呂があって、泉質も硫黄泉と鉄鉱泉の2種類あるんです。段々状に露天風呂が作られているんだけど、実は露天はチセのリフトから丸見えなんだなぁ。ま、私はそんなこと知っていたのでもう気にしてませんが~。

女子は泥湯で泥を顔や体に塗りたくってみました。体はわからんが、頬のお肌がツルツルになったような気がしましたよ。
たくさん種類があって、お肌にも良い雪秩父、私は大好きです

今年のニセコバックカントリーは残念ながら天候に恵まれず、不完全燃焼ぎみですが、今回も良いメンバーに巡り会えたし、楽しかったです。

また来るからね
スポンサーサイト
[ 2007/02/16 17:00 ] Snowboard | TB(0) | CM(2)
チセのスキー場を初めて見た時、驚愕するよね(笑)
おいらさ、バックカントリーした時、
最後の大湯沼…
ちょー恐怖だったの!!!
なんかさ、そのまま滑ると沼に落ちるコース取りで。
ガイドの人が「滑ってそのまま沼に落ちたら死にます!」とか、
すごいあおってさぁ~
案の定、やばくなって途中でこけてスピード殺した記憶が…
ビビリだからまじで怖かったよ~

今度行く時は完全燃焼できるといいね!
[ 2007/03/02 10:02 ] [ 編集 ]
そうだ!あっきぃもチセに登ったんだよねー。
沼に落ちるって一度考えちゃったらコケるよね!絶対!わかるっ!!
川の上のほっそ~いコースとか(笑)

それとね、完全燃焼するには体力がもう持たない気がしたよ・・・。
あはははは~v-39
[ 2007/03/03 16:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。