スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初の青森遠征【八甲田】 

急に雪山熱の上がった私、初☆八甲田山に行ってきますたー
今年は通い続けた北海道ではなく、青森なんだなぁ。

JALでWeb予約したんだけど、今までとはシステムが違ってビックリ
Web上で座席の指定ができたり、チケットレスで搭乗チェックインができたり・・・
往復宅急便の手配もWebでできるからお手軽だし・・・
なによりも楽だったのは、いつもの激安ツアーでは当たり前のように行っていた団体カウンターに行かなくても良いってこと。
荷物もないし、カウンターでの手続きもないし、空港に着いてからが本当に楽ちんでした

今はこれが常識?とか。ぜんぜん知らなかったとデス。(;^ω^)

羽田から青森まで1時間ちょっとで到着。早っ!
青森空港からは送迎タクシー(と言ってもバスだった)で八甲田へ移動。これも1時間くらいかなぁ。

ホテルに到着し、着替えを済ませ、さっそくロープウェイ乗り場へ。
天気は曇り、だけどちょっと風が強め。
八甲田山の麓から山頂まで一気に上がれるロープウェイは大きくて時間も10分以上かかる。
ちなみに八甲田スキー場は、このロープウェイと短めなリフト2本のみ。
私たちはもちろんロープウェイのみのチケットを購入し、山頂に上がりました。


山頂からは岩木山がキレイに見えた。
ちなみに今回はデジイチさんを持って行かなかったので、壊れかけのコンデジにて撮影してます。

ロープウェイを降りるとこんな景色が広がってました。


ちなみに、この写真はバックカントリーのツアールート方面を撮ったもの。
スキー場のコースはこの反対側です。


期待していた樹氷は、先週の春風でついていた雪が落ちてしまったそうで見られず残念
あと数日早く来てたら見れたみたい。

山頂からまずはダイレクトコースを下まで滑ることに。
山頂付近は風が強く、雪も飛ばされてガリガリの斜面だったけど、木が多くなるにつれて柔らかい雪が残ってる場所もありました。
それにしてもコースとは言え、広くて整備されたコースがあるわけじゃなく、ただオレンジのポールが立っているだけなんで、ちょっと木の方へ入るとすぐにコースを見失いそうになります。
金曜日ということもあり、八甲田スキー場は人が少なかったんだけど、コースを滑っていてもぜんぜん誰とも会わなかったデス。

途中までは良かった雪も、下に近づくにつれて重くなり、板が急に滑らなくなるほどにゆるんじゃってました。急ブレーキにびっくり!
なんだかんだ青森もやっぱり春なんだねぇ。


再びロープウェイに乗り、今度はフォレストコースを滑ることに。
山頂から、滑るのとは反対側のBCルートの方が気になり、ちょっと覗いてみると、断然こっちの方が雪質良さげ~。
なんかこっちからぐるっと巻いて行けばフォレストコースに出られそうじゃね?ということで、反対側からコースに向かって滑ってみた。
そしたら深い新雪ゾーンでめっちゃ楽しかった~!
適度に木もあるし、ウキャウキャ言いながら滑りました。

んが、いつになってもコースのポールが見えてこない・・・。いや~な予感。悪寒。。(;´Д`)
あれぇ?と思いつつも下におりていくと、沢に出くわし、結局歩いて登るはめに。トホホ
一瞬、映画『八甲田山』のシーンが頭をよぎるも、まだ早い時間だし、なんとか大丈夫でしょ。と登ったり滑ったりを繰り返し、やーーーーーっとコースに出たぁ!

思わぬ登りに汗をかき、本日はこの2本で終了~♪早っ!
旅行に行くとなぜかお腹が空くものです。とりあえず八甲田山荘でお昼を。


ここでは特別純米の「田酒」が飲めちゃいます。ウヒ♪
さすが青森ですなぁ。私が泊まった宿でも同じ田酒が飲めました♪

さぁ、旅はまだまだこれからです
スポンサーサイト
[ 2009/03/13 14:00 ] Snowboard | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ケイコ

Author:ケイコ
神奈川県藤沢市在住。
日々の暮らしを楽しみながらのんびりとナマケモノのように生きていきたい。

旧ブログ ⇒ KEIKI ROAD

バリ旅行記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。